ヤマネコの保護がありました

新しい年度が始まりました!

当法人も新入職員を迎えました。これからまた皆で頑張っていきたいと思います。

 

早速、42日にヤマネコセンター周辺にてヤマネコの保護がありました。

「ツシマヤマネコを守る会」の山村会長より、頬に怪我をしたヤマネコがいると連絡をいただき

環境省職員らがたも網で捕獲しました。保護区内に定住していたおじいちゃんヤマネコです。

 

過去、亜成獣(1歳未満の若い個体)のころにも近くの集落内で保護されており、

今回は当時入れたマイクロチップをもとに、同じ個体と判明しました。

今年10歳になります。野生下では異例の長寿です。

 

 

入院室へ収容。かなり痩せておりあまり元気がない状態でした。
入院室へ収容。かなり痩せておりあまり元気がない状態でした。
保護当日の頬の外傷部の様子。
保護当日の頬の外傷部の様子。

 

痩せているものの食欲は旺盛で、毎日残さず食べています。

徐々に覇気が戻ってきたようで、飼育員にもしっかり威嚇してくるようになりました。

 

頬の傷の経過は今のところ良好です。

このまま元気に早く野生復帰できるといいなと思います。

 

蔭浦