ネコたちとバチバチな季節

対馬1年目、早速風の強さと寒さに負けそうになっているひよっこ職員杉浦です。

なかなかブログ更新出来ず、更新したい事柄だけ溜まってしまっている今日この頃です。

あっという間に年末。時間の過ぎゆく早さに圧倒されながら仕事に勤しんでいます。

 

さて今回のタイトルは「ネコたちとバチバチな季節」。

バチバチ=拍手👏ではなく、VSのバトル的なバチバチでもなく、

乾燥してくるこの季節に皆さまがお悩みになるであろう静電気のことです。

最近保護ネコたちのお世話をしていて、

ふとした瞬間にネコたちとパチッと静電気が起こることがしばしばあります。

その度ネコたちは各々驚いた顔をしてその場で固まってしまったり、

すぐにケージの奥へ逃げたり、そのまま平気そうにしていたり。

反応の違いに楽しみを覚えつつも、

地味にひよっこも痛いというなんとも言えない季節になってきました。

 

 

7月頃からご無沙汰してしまっておりましたが、

病院暮らしの保護ネコたちは、7月に亡くなったちゃちゃを除いて7匹

現在元気よく過ごしています。

 

ちゃちゃが亡くなってから

ちゃちゃが暮らしていた広いケージにFIV(猫エイズ)のやんちゃとごんちゃんを

同居させ始めたのですが、

同居しはじめから割とすぐにやんちゃが何らかのアレルギーを発症したようで、

痒いようで掻きむしるわ、おハゲがいっぱいできるわ、の惨事となっておりました。

現在は療法食に切り替え、それが体に合ったのか、

掻きむしり防止用のエリザベスカラーも取れ、着々と回復してきています!

 

入職当時慣れていなかった当時新参者の

「ちび」「ごんちゃん」「しゃしゃ美」も

日が経つにつれ、ある程度慣れてきてくれてます!😊

 

特に激変したとすれば「ごんちゃん」

6月に更新したブログでのごんちゃんはこんな感じ

と…とおい!!遠すぎる!!!距離感の

近づくとすぐにトイレへと逃げ込む、トイレの妖精さんと化しておりました。

 

そんなごんちゃんもあら不思議!今ではご飯を用意していると

近づいてきて、ケージ越しにゴロゴロ喉を鳴らしながら、毛布を前肢でもみもみ。

その上ケージに体をこすりつけ、お名前を呼ぶとお返事するネコさんに。

動画をお見せできないのが悲しいくらい、ひよっこにも心を開いてくれつつあります。

 

最近では、お食事中でなくてもお触りを許してくれてます👌

どうやらあご下がおきにいりのようです。

グイグイ近寄って写真撮っても嫌がらなくなりました!

一番最初の遠い距離感と比べると大進歩!

ごんちゃんにとって相当嫌なことをしない限り、威嚇もされなくなりました!

 

ちびちゃんは抱っここそ嫌がりますが、

それでもケージに近づいて引かれるようなこともなくなり、

しゃしゃ美は抱っこも平気、なでなで喜び、

むしろケージを開けるとお膝に乗ってこようとするお嬢様へと成長しました。

ただ白衣を着た人はなんだか苦手らしく、

白衣を着て近づくと呼んでも来ない・ご飯を持って呼んでも来ない・ご飯を置いても目の前で食べようとしない・離れたら暫くしてようやく食べ始め、その食べている途中で白衣姿で近づくとトイレへ逃げ込む…と、どうにか白衣恐怖症を治したいなぁと色々対策を考えております。

 

他ねこたちもぶれた写真しか撮れないほど、元気いっぱい😊!

また写真を載せていきたいと思います。

 

乾燥に悩まされる季節ですが、どうか皆さま体調を崩されませんよう。

良い年末をお過ごしくださいませ。