わんにゃんフェスティバル2018

こんにちは、有川です。

晴れの日ばっかりだった夏も終わって、最近は雨ばっかりの秋ですね。

 

対馬では動物愛護週間にあわせて

「わんにゃんフェスティバル」という動物愛護イベントが行われています。

今年は9月15日(土)の午後から対馬市豊玉町で開催されました。

午前中は雨がぱらぱら降っていましたが、午後からはまとまった雨もなくなんとか持ちこたえてくれました。

 

そして今年は、なんと!!

埼玉県からOPDES公認のプロフェッショナルドッグトレーナー、

Dogtraining NOAH(ドッグトレーニング ノア)の松田海さんをお招きしました!

松田さんが大学時代に出会った保護犬のNOAH(ノア)を連れてきてもらい、

対馬の子どもたちの前で「オビディエンス」を披露してもらいました!

ただトレーナーの言うことをきくだけではなくて、とても楽しそうに松田さんの指示に従うノアの姿に

「かわいい!!」「わぁ!すご~い!!」と大歓声でした。

松田さんには

「ペットショップで買わなくても、血統書なくても、

人がちゃんと教えてあげる(トレーニングしてあげる)ことで

こんなこともできるようになるんだよ。」

というメッセージをたくさんの方に伝えて頂きました。

 

※オビディエンス...ドッグスポーツの1種で、トレーナーの指示に素早く、正確に従うという競技

 

人の社会で犬と一緒に生きていくために「しつけ」は必要不可欠です。

ちゃんとしつけることの大切さと、

犬を飼おうと思ったときに「保護された犬を迎える」ことが選択肢の1つとして

少しでもたくさんの方の印象に残ればいいなと思います。

 

埼玉から遠い対馬まではるばるお越し頂きました

松田さん、NOAHちゃん、本当にありがとうございました。

 

【Dogtraining NOAH】

HP≫≫http://dogtrainingnoah.com/

instagram≫≫@dogtraining_noah 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オビディエンスの後にNOAHと触れ合う子どもたち