ブログ:職員太田の生き物ギーク

ツシマヤマネコ順化ステーションへ転勤となりました
皆さま お久しぶりです。職員の太田です。  表題の通り、今年度4月1日より対馬の上島にある対馬野生生物保護センター(ヤマネコセンター)から下島にあるツシマヤマネコ野生順化ステーションへと転勤となりました。 激動の引っ越しから、どうにか下島に順応しつつあります。...
皆さま こんばんは。職員の太田です。 朝夕の冷え込みが増し、起床時には寒さのあまり起きるのをためらうようになってきました。10月も下旬になり冬の訪れを待つばかりといった感じです。対馬では様々な鳥たちの渡り真っ最中で田畑や里山では小規模の群れを目にする機会が増えてきました。  ...
皆さま こんばんは。職員の太田です。 鳥の島、対馬は夏の渡りシーズンに突入したようで日々見かける鳥が変化しております。...
皆さま こんにちは。職員の太田です。 コロナ騒動は収まることを知らず対馬でも厳戒態勢継続中です。 外出することをなるべく避け、鳥獣保護区の巡視やヤマネコセンターへの出退勤時に車窓からフィールドを眺める事で外出欲を発散しております。
皆さま おはようございます。職員の太田です。  桃の節句も過ぎ、日中は春らしい陽気に包まれる日が多くなってきました。...
皆さま こんばんは、職員の太田です。 立春も過ぎ暦の上では春との事ですが対馬では、まだまだ寒い日が続いています。 寒いと感じて動かないのは人間だけなようで、ここ数日、鹿児島県出水市を飛び立った鶴たちが北帰行の休憩所として対馬に飛来してきています。
鳥のなる木
皆さま こんばんは。職員の太田です。 山の木々の落葉も進み、ヤマネコセンターのヤマネコケージに設置してある温度計の最低気温が2℃と表記されておりました。毎日霜が降り冬本番です。 落葉が進むと寂しい気分にもなりますが、動物観察がし易くなるという利点もあります。 先日も妙にカラフルな葉っぱをつけた木を発見し、撮影したところ…
身近なヒヨドリ
皆さま こんにちは、職員の太田です。 急に寒くなったなと感じカレンダーを見ると早いもので12月… 今年も残り少なくなってきました。 対馬では前回紹介したミヤマガラスやコクマルガラスが飛来し冬の訪れを告げていますが、少し山に入ると別の鳥もヒーヨ、ヒーヨと鳴いては冬の到来を告げています。 正体は鳴き声から簡単に想像が出来るヒヨドリです。...
皆さま こんにちは、職員の太田です。 ここ最近対馬はめっきり寒くなり、山々の紅葉が一気に加速しています。 ヤマネコセンターがある棹埼では山は落葉樹の葉が赤や黄に染まりモザイク画と見紛う情景になり、田畑では、ある動物により黒色の絨毯の様に見えるようになっています。
皆さま こんにちは、職員の太田です。 対馬でもヤマネコの生息密度が高い上対馬に住んでいると、ふとした時にヤマネコとの遭遇があります。ほとんどの場合で遭遇するときは出退勤時や移動時の車に乗っている時だと思います。 遭遇時の状況により交通事故にもなりえますし、遠目で見れてラッキーとなるかは様々です。...

さらに表示する