院長ときどき理事長のお部屋

■2018

2018年

7月

28日

アマチュア農家日誌② ~除草は修行~

 

田植えから1ヶ月半ほど経過しました。

毎日暑い日が続き、日中の農作業は命の危険を感じます ^^;

 

黙々と草を抜く日々、稲と稲の間を順々に歩きながら、ひたすら雑草を抜いていきます。

正直辛い、日々、除草、これ精神修行です。

 

1列、また1列、草を探し、抜く。

「抜かりなし、完璧!!」と思いながら隣の列へ。

そしてふと視界に入ってくる雑草の集団。

そこ、さっき抜いてきたよね?

なぜ君(雑草)はそこに居座っている?

 

人は何事も、良く見ているつもりで、実は見えていない。

そんな事を雑草に教えられる日々。

 

もう中干しの時期、除草の日々も終わり。

無農薬田んぼ最大の山場、これからは害虫登場の時期です。

こればかりは祈るのみ、程々の登場でお願いしますm(_ _)m

 

台風も程々でお願いします m(_ _)m

 

 

宜しければこちらも是非!!

佐護ヤマネコ稲作研究会

 http://www.yamanekomai.com/2introduction.html

 

 

0 コメント

2018年

7月

28日

休診日のお知らせ

 

8月1~7日             ※お盆は通常通り診療しています

 

島内不在の為休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

0 コメント

2018年

6月

15日

アマチュア農家日誌①

対馬に移り住み、米作りを始めました。

地元の方から8畝ほどの田んぼを借り、地元の農家さんにご指導頂きながら、今年で9年目。

始めた理由はいくつもありますが、地元の農家さんの取り組みを知り、ヤマネコにとって安心安全な食事場(田んぼ)を自分の手で作りたいと思った事が一番でしょうか。

 

今年も無事に田植えが終わりました(6月4日)。

と言っても、自分で植えたのではなく農家さんに植えて貰ったのですが・・・^^;

 

僕の作業はもっぱら水管理と除草作業。

僅か8畝、されど8畝。

こだわりは無農薬栽培です!!

 

今年もがんばろー

 

 

 

 

宜しければこちらも是非!!

佐護ヤマネコ稲作研究会

 http://www.yamanekomai.com/2introduction.html

 

 

2 コメント

2018年

6月

07日

ホタル

 

深夜0時、病院の近くで光る何かを見つけた。

ホタルの光、数は多くない、十数匹。

それでも何だか心が洗われる。

身近な場所でホタルを見ることが出来る対馬、このままずっとそうあって欲しい。 

 

 

 

 

ダメ元で写真を撮ってみた。

やっぱりデジカメじゃ無理か・・・。

 

2018年

4月

23日

病院の保護ネコたち(しゃしゃ美ちゃん編①)

皆さんこんばんは。

今日は動物病院で保護しているしゃしゃ美ちゃんの事を紹介したいと思います。

 

しゃしゃ美ちゃん(女の子)、名前の由来は「しゃ~、しゃ~」言うから。

要するに威嚇行動ですね(^^;

可愛い顔をしているので、「美」をつけました。

 

近づくと「しゃ~」、おトイレ掃除で「しゃ~」、餌をあげて「もしゃ~」。

耳を伏せて、「しゃ~」、ドラえもんみたいにまん丸お顔になります(^^)

 

 

 しゃしゃ美はツシマヤマネコが生息している山の中で保護されました。

おそらく、ノネコと呼ばれるネコです。

飼いネコでも無く、ノラネコでもなく、ノネコ。

ノネコは「人間の生活圏への依存が全くみられない、野生化したイエネコ」と定義されています。だから、人間に対する恐怖心も強いのでしょうね。

 

対馬ではノラネコ、ノネコの不妊化放獣をしています。

でも、しゃしゃ美はFeLV(ネコ白血病)に感染していました。FeLVは非常に恐ろしい病気です。ヤマネコにも感染します。だから、本院で飼育する事にしました。

 

保護してから半年。

最近ようやく慣れてきました。

餌を貰える時は、にゃ~と鳴くこともあります。

 

「にゃにゃ美」に改名される日も近いかもしれません(^^)

2018年

4月

03日

病院の保護ネコたち(まんちゃん編①)

皆さんこんばんは。

今日は動物病院で保護しているまんちゃんの事を紹介したいと思います。

 

まんちゃん(男の子)、名前の由来は3匹兄弟の真ん中の子、たぶん・・・。

お母さんネコは上県町佐護のノラネコでした。

 

上県町佐護はツシマヤマネコが沢山生息する場所です。

稲作が盛んで、生きものが棲むには良い環境が整っており、多くの野鳥、多くのバーダー(野鳥を観察する人々)が集まる場所でもあります。

 

 

諸事情あって、まんちゃん達は病院で生まれました。(←このお話はまたの機会に)

お兄ちゃんと妹(たぶん)は素敵な飼い主さんに巡り会うことが出来ました。

まんちゃんは真ん中の子、ちょっと癖のある性格が災いしたのでしょうか!?

一度はお試し飼育の機会を得ましたが、残念ながらご縁が無く・・・。

 

あれからもうすぐ9年、今も昔も変わらぬ性格。

今日も元気に、モリモリご飯を食べています。

2018年

3月

09日

強風にはご注意を!!

対馬は風の吹く島、大陸からの強風がより一層寒さを引き立たせます。

学生時代、青森に7年間住んでいましたが対馬の2月は青森よりも寒い。

 

そんな2月某日、一羽の小鳥が病院駐車場で蹲っていました。

 

「なんだぁ~!!」

思わず踏みつけてしまいそうになった足を素早く制止し、拾い上げてみるとそれはメジロ。

今にも天に昇りそうな状態でした。

 

すぐ傍には病院の車、「うん、激突ね」。

 

     診察室に戻って、ストーブの前でブドウ糖とビタミンを口元に。

     うん、うん、飲めました。

 

     箱に入れて、待つこと○○分。

 

     復活!!

 

     風の当たらない病院の裏山で放鳥、元気に飛んで行きました。

     見えますか?心の目を見開くと、写真中央にそれとなく・・・。

 

     病院に残された素敵な贈り物。

     メジロさん、強風と窓ガラスにはご注意を!!

 

2018年

2月

25日

病院の保護ネコたち(茶々君編①)

皆さんこんにちは。

今日は動物病院で保護している茶々君の事を紹介したいと思います。

現在、病院では6匹のネコを飼育しています。

その中で、茶々君は最年長の古株さんです。

僕が対馬に赴任したのが2009年の2月、茶々君が病院に来たのが2010年の7月。

ほぼ同期の間柄です。

 

茶々君は対馬市上県町田之浜のノラネコでした。

ここはツシマヤマネコが多く生息する場所、ノラネコだった茶々君はネコエイズに感染していた為に、病院で保護する事になりました。 

あれからもうすぐ8年。

数年前から口内炎を発症して、1~2ヶ月に1回の注射が欠かせません。

それでも元気にご飯を食べて、くつろいで。

 

本当は飼い主さんを見つけてあげたかったけど、それは叶わず・・・。

「今、彼は何を想うか?」

ノラネコ時代よりは今の生活の方が良かったと思って貰えるなら良いのだが。

2018年

1月

23日

新年のご挨拶

新年が明けまして、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

 

年末年始も慌ただしく、箱根駅伝もほとんど見る時間が無く・・・。

それにしても青学は強かった。

我々も「ハーモニー大作戦」を見習って、一致団結頑張っていきたいと思います。

 

今年こそはブログの充実を目標に、本院のネコちゃん達のお話を書いていけたらと思います。

初回はチャチャちゃんを予定しています(^.^)

■2017

2017年

12月

25日

クリスマス

本院で保護されている猫たちにもサンタさんからクリスマスプレゼントが届きました。

いつも猫たちの為に餌を差し入れしてくれるNさん、本当にありがとうございます。

普段食べることの出来ない高級餌に、猫たちもご満悦!!

 

最近、食の細くなってきたちゃちゃ爺さん。

ここぞとばかりに脇目も触れず、ムシャムシャ、ニャーニャー。

 

ごちそうさまでした(=^..^=)ミャー

続きを読む