対馬出身看護師の日常ブログ

■2018

2018年

9月

17日

わんにゃんフェスティバル2018

こんにちは、有川です。

晴れの日ばっかりだった夏も終わって、最近は雨ばっかりの秋ですね。

 

対馬では動物愛護週間にあわせて

「わんにゃんフェスティバル」という動物愛護イベントが行われています。

今年は9月15日(土)の午後から対馬市豊玉町で開催されました。

午前中は雨がぱらぱら降っていましたが、午後からはまとまった雨もなくなんとか持ちこたえてくれました。

 

そして今年は、なんと!!

埼玉県からOPDES公認のプロフェッショナルドッグトレーナー、

Dogtraining NOAH(ドッグトレーニング ノア)の松田海さんをお招きしました!

松田さんが大学時代に出会った保護犬のNOAH(ノア)を連れてきてもらい、

対馬の子どもたちの前で「オビディエンス」を披露してもらいました!

ただトレーナーの言うことをきくだけではなくて、とても楽しそうに松田さんの指示に従うノアの姿に

「かわいい!!」「わぁ!すご~い!!」と大歓声でした。

松田さんには

「ペットショップで買わなくても、血統書なくても、

人がちゃんと教えてあげる(トレーニングしてあげる)ことで

こんなこともできるようになるんだよ。」

というメッセージをたくさんの方に伝えて頂きました。

 

※オビディエンス...ドッグスポーツの1種で、トレーナーの指示に素早く、正確に従うという競技

 

人の社会で犬と一緒に生きていくために「しつけ」は必要不可欠です。

ちゃんとしつけることの大切さと、

犬を飼おうと思ったときに「保護された犬を迎える」ことが選択肢の1つとして

少しでもたくさんの方の印象に残ればいいなと思います。

 

埼玉から遠い対馬まではるばるお越し頂きました

松田さん、NOAHちゃん、本当にありがとうございました。

 

【Dogtraining NOAH】

HP≫≫http://dogtrainingnoah.com/

instagram≫≫@dogtraining_noah 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オビディエンスの後にNOAHと触れ合う子どもたち

2018年

8月

13日

飼育体験イベントを行いました☆

こんにちは、有川です。

今年の夏は対馬も例外なく暑く、ヤマネコセンターのヤマネコたちももっぱら日陰ぐらしです。

 

さて、そんな暑い夏ではありますが、

島外の子どもたち向けにヤマネコの飼育体験イベントが

対馬野生生物保護センター(愛称:ヤマネコセンター)で行われました。

私は当日、ヤマネコの説明や餌の準備、餌やり体験の案内人をつとめさせてもらいました。

2名限定のイベントだったのでお互い初めましての2人は少し緊張気味でしたが、

ゲーム感覚でマイクロチップをさがしたり、とらばさみ体験をしているうちに自然と笑顔に^^

そして展示ヤマネコの福馬くんの体調もばっちり!だったので

最後は参加した2人がトングを使って実際に餌やりも体験してもらいました。

「迫力があってかっこいい!」

「お肉を待ってる姿がかわいい!」

と近い距離だからこそ感じることのできるヤマネコの魅力を知ってもらうことができました。

 

次回の飼育体験イベントの開催は未定ですが、

ふだんは対馬に住んでいなくても、

おじいちゃん・おばあちゃん・親戚がいるから対馬に遊びに来てくれる子どもたちに

少しでも対馬が、対馬の生き物が記憶に残るようなイベントとして続けていけたらと思います。

2018年

7月

25日

対馬のオニユリには種ができる

こんにちは、有川です。

今回は通勤途中でみかけるこのオニユリを紹介します^^
前にご紹介した國分英俊さん、國分愛子さんの著書「対馬の植物」で調べてみました。
 
【オニユリ】
北海道・本州・四国・九州に分布
日本各地のオニユリは三倍体で種子ができないが、対馬のものは二倍体のものが多く種子ができる(「対馬の植物」より引用)
 
ふむふむ...
三倍体、二倍体ってなんだろう??
ってことで調べてみると、遺伝子学の用語で染色体の1組を何セット持っているのかを示す数の事だそう。
三倍体だと種子ができないことを活かして
二倍体と四倍体のをかけあわせ三倍体の「種なしスイカ」が生産されているのだとか。
そして対馬ではオニユリの種子の突然変異から対馬だけに咲く「オウゴンオニユリ」が誕生!
葉っぱの付け根に出来るムカゴはクローン(同じ遺伝子)なのでオニユリにしかなりません。
種子ができるということは、他の遺伝子が混ざり合うということなので突然変異が起こるそうです。
と、ちょっと物知り博士になったような気がしています。(笑)
でも遺伝子の話って苦手なんですよね~もっとちゃんと勉強しとけばよかったと反省。^^;
対馬でもオニユリはあちこちで見られます。
この写真のオニユリは山の斜面に群生しているオニユリから外れて、ぽつんと道路脇に咲いていました。
ムカゴの子なのか、種の子なのか、知ってしまうと気になる性分です。
オウゴンオニユリは野生ではほぼ見られなくなってきているそうですが、
ひっそりどこかで突然変異を起こして咲いているのに出会えたらいいなと夏を過ごしています。

2018年

7月

12日

ヤマネコ飼育体験イベントin対馬

こんにちは、有川です。

先週は対馬で開催された国境マラソンに参加してきました。

なんとか自分の足でゴールまでかえって来ましたがもう足腰がくがくです。

7月だとは思えないくらい涼しい日だったのが救いでした(^^;)

カンカン照りだったらゴールの地は踏めていなかったと思います...

 

さて、今日は夏休みのイベントのご案内です♪

対馬野生生物保護センターではこの夏休み、

対馬に遊びに来る子どもたちを対象に「ヤマネコの飼育体験イベント」を開催します!

ツシマヤマネコの飼育体験ができるのは、全国でここ対馬だけ★

運が良ければ、普段はガラス越しでしか会えない福馬くんにもっと近くで会えるかも!?

対馬での思い出づくり、夏休みの思い出づくり、絵日記のネタづくりにいかがですか?

とっても貴重な体験をしてもらえると思います♪

【日時】8月12日 13時~15時30分

【場所】対馬野生生物保護センター(対馬市上県町佐護西里2956-5、棹崎公園内)

【対象】対馬島外の小学4年生~中学生

【参加費】300円(保険料)

【定員】2名

【締め切り】8月3日

【持ち物】汚れてもいい服(長袖、長ズボン)、帽子、長靴、水筒、タオル、着替え(汚れた場合)

 

お申込み、お問い合わせは

☎0920-84-5577(8:30~17:15)

対馬野生生物保護センターの小宮(こみや)、堺(さかい)までご連絡ください。

イベント当日は、私たちどうぶつたちの病院のヤマネコ飼育員がガイドします。

 

最後になりましたが、

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)により被害を受けられましたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

みなさまの1日でも早いご再建をお祈りしています。 

暑い日が続きますので熱中症などお気をつけくだいさい。

 

2018年

6月

17日

士富のホタル

ツルに続いてホタルでもリベンジしてきました、有川です。

明るいうちに現地にいけなかったのでピント合わせは甘いですが...

なんとかそれらしい写真が撮れて満足しています^^

 

今回は厳原(いづはら)町のホタルの名所、士富(しとみ)に行ってきました。

ここは「佐須川流域ホタルを守る会」のみなさんを中心に、

地域てホタルを守っている場所です。

車を止めて両脇が田んぼの細道を少し歩いていくと

川の音が近くなり、街灯も赤色灯に変わります。

できるだけホタルに影響を与えないようにしているんでしょうね。

 

この日はたくさんの家族連れが訪れていました。

ホタルはタイミングをあわせて光っていて、

とてもロマンチックな空間でした。まるでイルミネーションみたい!

子どもたちも楽しそうに光の後をついて回っていました。

いつまでもこのホタルたちが棲める川を守っていきたいですね。

 

2018年

6月

10日

三根川のホタル

こんにちは、有川です。

先日知り合いに誘われて、三根川のホタルを見に行きました。
その時の写真がこちらです。

言われればそう見えるような気もしますし、
言われないとわからない、なんとも...な写真ですが、
こちらがiPhoneで撮影したゲンジボタルです。

実際、肉眼では十数匹のホタルが飛び回ったり、
木に止まって光ってるのを見ることができました。
乱舞!というほどではありませんでしたが
今年初めてのホタルに大興奮!
畑の周りのワイヤーメッシュにも光るものが!
よーく、よーく見てみるとメスのホタルでした。
またゲンジボタルとは違う光り方をするホタルも!
チカチカ光っていたのでヒメボタルだったのかなぁ〜🤔

今回訪れたのは近くに民家のない川沿いで、
他にホタルの撮影をされてる方はいませんでしたが、
ホタルの撮影をしている方がいるときは
スマホの画面の光でさえも邪魔してしまうことがあるそうなので
気をつけないといけませんね。
あと、夜なので大声で話したり騒いだりするのも禁物です。
静かに優しく見守ってくださいね♪

おだやかに夏の訪れを感じる一晩でした。

2018年

6月

02日

梅雨入り

こんにちは、有川です。

対馬も5月28日に梅雨入りしました。
心なしか梅雨と聞くだけで、蒸し暑さを感じています。
むわっとする湿気を含んだ暑さを感じるとき
我が家では「ぬくかー(ぬっかー)」と言います。
長崎では暑いときは「あつかー」
美味いときは「うまかー」
痛いときは「いたかー」
と、後ろに「かー」をつけます。
「ぬくかー」は「ぬくい(温い)」という意味。
あたたかいね、のような心地よい温さではなく
むわっと蒸し返すようなちょっと不快感を指しているイメージです。
ちなみに真夏のカラッとしていて湿り気のない
ジリッと照りつける暑さのときは「あつかー」と言います。
 
紫陽花の綺麗なぬくかー(温い)季節の始まりです。
6月17日(日)には上県町佐護であじさい祭りも開催されます!
いまから楽しみですね😊

2018年

5月

22日

きれいなお花でも育ててはダメ!?

こんにちは、有川です。

この季節、道路沿いを彩る黄色いお花をご存知ですか?🌼
この写真のお花はオオキンケイギクといいます。
とってもキレイで道路脇をパッと明るくしてくれるんですが、
実は「特定外来生物」に指定されています。
つまりこのオオキンケイギクを
育てたり、植えたり、株を分けることは
外来生物法で「禁止」されています。
でも、あんなにキレイなのにどうしてダメなの?と思いますよね。
理由はこのオオキンケイギクの繁殖力の強さにあります。
オオキンケイギクは繁殖力が強いあまり
他の野花が必要な栄養分や水分を奪ってしまいます。
そのためもともとあった野花や野草が少なくなったり、
最悪の場合、無くなったりしてしまうんです。
そうすると本来の生態系が失われてしまう...というわけです。
 
似ている黄色いお花もありますが、オオキンケイギクは
①花びらも中心部分も黄橙色
②花びらの先はギザギザ
③開花は5〜7月頃
が大きな特徴です。
ついキレイなお花の種は持ち帰って育てたくなりますが、
植えるのも、育てるのも違法な植物です。
また、外来生物法では種も含めて
生きている状態で運ぶことも禁止されています。
 
今日は特定外来生物に指定されたお花の紹介でした🌼
 
 

2018年

5月

10日

お散歩のおともに

こんにちは、有川です。

過ごしやすい季節になって外に出かけたくなる日が増えてきました。
ちょっと紫外線が気になるときもありますが、
朝はお散歩に最適シーズン到来です^^

さて今日は対馬のお散歩が楽しくなる最近のお気に入りの2冊をご紹介します★
「対馬の植物」
「対馬の鳥と自然」
この2冊の面白いところは、身近な草花や小鳥を
“あれは何ていうんだろう?”
と思ってページをめくると必ず見つかる!
ということ(有川調べ)

うーん、植物のこと詳しくないんだよね...
鳥って種類多くて難しいよね...

そういう方って案外いると思うんですよね。
私もそのうちの1人です(^^;)

たくさんの種類が載っている図鑑もとても頼りになりますが、
この本は「対馬」に絞ってあるので
対馬の自然を手軽に楽しめる、そんな本だと思います♪
是非チェックしてみてください。

UVケアも忘れずに〜〜〜


2018年

4月

20日

アニマルサイエンストピックス

こんにちは、有川です。

 

今日は対馬を飛び出して、東京まで来ています。

久々の都会にわくわくしながらやってきたのですが、観光は二の次!

今回は私の出身校、「帝京科学大学」にて講演するための上京でした。

アニマルサイエンストピックスという講座の1コマを頂き、

動物看護師を目指す大学1年生約150名の学生を対象に

ツシマヤマネコの保護活動や本法人の活動についてお話をしてきました。

 

まだまだ知名度の低さを痛感させられる場面もありましたが、

この講演をきっかけにツシマヤマネコの存在、そして今おかれている状況を

後輩たちに知らせることができたのではないかと思います。

また1人でも多くの人に興味をもってもらうきっかけになっていれば幸いです^^

 

久しぶりに在学中お世話になった教授や、先輩、同級生にも会えて

近況報告をしたり、情報交換をしたりと中身のギュッとつまった1日でした。

フレッシュな学生パワーも吸い込んできたので、また対馬で頑張ります!

 

2018年

3月

24日

ナベヅルの渡り

こんにちは。

今朝、ナベヅルでリベンジを果たせた有川です。

3年目にしてようやく...一眼レフカメラでツルの写真を撮ることが出来ました!

マナヅルのときは常備しておらずiPhoneのカメラでしか撮れませんでしたが

今朝はちゃんと車に乗せて出勤しました。

すると、田んぼの間を走るまっすぐな道に何台も立派なカメラが並んでいます!

 

 

これは...きた!ぜったい来た!チャンス到来!!

 

 

出勤前なのであまりゆっくりできませんでしたが、

先陣が飛び立つ瞬間に居合わせることができました!

 

実はこんなにタイミングよく一眼レフカメラを持参できたのには訳があります。

それは、「インスタ映え」でおなじみInstagram(インスタグラム)です!

前日の夜、知り合いがナベヅルの渡りをいち早く知らせしてくれていました。

改めて、情報発信って大事だ(ありがたい)なぁ~と思わされる春の朝でした。

 

2018年

3月

03日

花粉症がつらい季節

こんにちは、有川です。
極寒の冬も終わり、ようやく春ですね!
春はあちこちに色鮮やかな花々が咲き始めて
なんだかわくわくしてきませんか?

この梅の花は通勤途中にあって、
毎日眺めながら通っています。
真っ白な梅も上品できれいですが、
ほんのりピンクの梅の花もかわいいですよね?

ただ、この季節はわくわくする花以外にスギも満開です。
もくもくと毎日、はるかぜに花粉をのせています^^;
幸い私はまだ花粉症ではありませんが、
年々むずむず感が増しているような......
1年でも長く発症しないことを願うばかりです。
花粉症にお困りのみなさま、お大事にお過ごしくださいm(_ _)m

2018年

2月

09日

マナヅル渡来

こんにちは、有川です。

何年、何十年に1度クラスの大寒波や大雪であちこち大変ですね。
対馬も例外なく大寒波!!
出戻って3度目の冬ですが、今年の寒さはひと味もふた味も違います。
ですが、雪はなかなか降りません。
雪よりも路面や水道管の凍結に悩まされています。
今日は少し寒さが和らいで
あれ?あったかいかも??
なんて思いながら出勤していたら、マナヅルが田んぼに降り立っていました。
ちょうど霰まじりの雨が降っていたので写真は撮れませんでした(T-T)
さて、残念だったことも忘れて、お腹をすかせていた11半過ぎ。
元気のよい賑やかな鳴き声が!
なんの声だろう!?どこ、どこ??
と慌てて建物から出て山の方を見てみると...
空を舞うマナヅルの群れでした!!
やったー\(^^)/
イマイチな写真ですが、これは感動と焦りゆえの精一杯ということでご容赦くださいm(._.)m
こういう大事な瞬間に一眼レフはいつもお留守番です...σ(^_^;)

■2017

2017年

12月

29日

良いお年を☆

こんにちは!有川です。

さて、クリスマスが終わるとあっという間に年の瀬ですね。
2017年、みなさんはどんな1年でしたか?
私は怪我の多い1年だったような...
つい先日も左手を怪我してしまいました(泣)
2018年は怪我のないように気をつけたいと思います!
ヤマネコにも怪我や事故の少ない1年になりますように...☆

このブログをご覧のみなさんにとっても
素敵な1年になりますように...
よいお年をお迎えください。
続きを読む

2017年

11月

21日

紅葉狩り

朝晩はすっかり寒くなりましたね。

対馬でも紅葉の見ごろを迎えていると聞いて、

先週家族で紅葉狩りドライブに行ってきました。

小さい頃から紅葉狩りの定番だった舟志のもみじ街道は

紅葉しているところもありましたが、

まだまだ青い葉っぱもありました。

ここ数日のグッと冷え込みで

さらに紅く染まっているかもしれません。

もみじ街道からそのまま県道39号線を南下して、

大久保の紅葉も見にいきました。

こちらは艶やかに真っ赤っかでちょうど見ごろでした。

広くなっている路側帯に車を停めて、

紅葉を楽しむ方もちらほらいらっしゃいました。

季節の移り変わりが楽しめるこの時期は

ドライブも楽しくなり、遠出したくなりますね。

 

さて、そんなドライブ日和の今日この頃、

ヤマネコは母親から独り立ちをしたり、

カップルになる相手を探したりと同じく遠出をする季節。

とくに夕方から夜中にかけて、ドライブの帰り道にばったり!

道路をわたろうとするヤマネコに遭遇するかもしれませんね。

もしも道路上でヤマネコや野生動物を見かけられましたら、

少しスピードを落として、

道を横断するまで見守ってもらえたらと思います。

そして耳の後ろに白い斑紋がある、

太くて長いしっぽのツシマヤマネコだったときは

対馬野生動物保護センター(0920-84-5577)まで

「ヤマネコ見たよ!」とご連絡ください。

 

有川

 

続きを読む

2017年

9月

09日

稲刈りの季節になりました

こんにちは、有川です。

 

毎日人もヤマネコもうだるような暑さだった夏から一変して、

対馬もすっかり秋らしくなりました。

そして秋といえば実りの秋!稲刈りのシーズンです。

今年は実りが早いようで、佐護地区の田んぼでは8月末から稲刈りが始まりました。

きれいな黄金色の田んぼ絶景!ですが、あっという間に刈り取られてしまいます。(笑)

さわやかな風が稲穂を揺らす秋の田んぼって懐かしくて、癒されるような気がしませんか?

朝から元気をもらいました!

 

続きを読む

2017年

8月

31日

夜間パトロール

ご無沙汰しています、有川です。

 

お盆にヤマネコの目撃が多発したエリアで

ヤマネコの交通事故を防止するために夜間パトロールを行っています。

場所は国道382号線、上県町樫滝~弓ノ張の間(月亭付近)です。

 

体格が小さく子ネコのようだったという情報も入っていて、

帰省ラッシュも重なり、多くの方から目撃されています。

 

この付近を通行される際は、ヤマネコの急な飛び出しに気を付けて走行をお願いします。

 

また「ツシマヤマネコを見かけたよ!」という方は、

対馬野生生物保護センター(0920-84-5577)まで情報をお寄せください。

■2016