対馬出身看護師の日常ブログ

■2020

■2019

2019年

9月

29日

日韓市民ビーチクリーンアップ

台風17号の爪痕がまだあちこちに残る対馬です。
家屋の床下浸水、床上浸水の被害もありました。
家屋以外にもこんなところに台風の影響が...
こちらは上県町佐須奈と佐護の間にある井口浜というビーチ。
打ち上がるプラスチックや発泡スチロールなどの海洋ゴミを
日韓のボランティアが集ってクリーンアップ活動しています。
対馬の市民ボランティアや
韓国釜山外国語大学の学生さん、
対馬高校の生徒さんが参加する活動に
私も参加してきました〜♪
プラスチック、発泡スチロールもたしかに多いのですが
やっぱり今年は流木が多かった!!
丸々1本、杉の木が流されてきていたり
木片が多すぎて細かいゴミが拾いにくかったり...
毎年参加されているという方も
「この前の台風のせいやろう」とのこと。
そんな中、プラスチックストローを何本も見かけ拾いました。
あのウミガメの動画をきっかけに
海洋プラスチック問題の話題が拡散されましたよね。
対馬に流れ着いたのはほんの一部のプラスチック。
たしかにたった一部ですが、私たちに出来ることを
まず出来る範囲で始めてみることが大事だと思います。
ツシマヤマネコだけではなく、
いろんな生き物のいる対馬であり続けて欲しいですね。
この日は2時間の作業を終え、ここまできれいになりました☆
完全には取り除けませんでしたが
たくさんのトン袋がいっぱいに!
参加されたみなさん、お疲れ様でした!^^*

2019年

9月

13日

ナベコウ飛来

今朝はとってもラッキーな出来事がありました!

通勤途中で、いつもは見かけない黒いサギを発見したんです。

サギにしては大きいし、お腹は白いし...なんていう鳥だろう...

と思っていたら、なんと「ナベコウ」というコウノトリの仲間でした。

ここで悔やまれるのは、カメラは自宅で充電中ということ...

あぁ、悔しい!!

 

せめてもの思いでiPhone7で撮影を試みますが、お腹が白いことしかわかりませんね。

やや曇り空で光が弱く、さらに下からの撮影で逆光。

晴れていて、地上に降りたときは黒く見える羽は緑や赤、紫色の光沢がある黒色なのだそう。

見てみたかったー!!

迷鳥として北海道から南西諸島までの日本各地に記録があるのだとか。

本来は東ヨーロッパからロシア、中国のユーラシア大陸温帯域やアフリカ大陸南部で繁殖して

冬にはアフリカ大陸中部やインド中国南部に渡るといわれています。

河川や水田、湖沼、湿地に生息する鳥なので

佐護の田んぼに誘われて降りてきたのかもしれませんね。

こんな珍しい鳥がみられるのも、田んぼを、稲を大事に育ててくださる農家さんのおかげです。

 

ナベコウ

学名 Ciconia nigra

英名 Black Stork

 

2019年

8月

24日

夏は浅茅湾でシーカヤック!

 

今日は夏休みで対馬に遊びにきている甥っ子(小6)とのお話を。

 

毎年対馬に遊びに来てくれる甥っ子なんですが、昨年初めてシーカヤックデビュー!

ちょっと怖がりな甥っ子は、最初おっかなびっくりな感じで涙目でしたが

甥っ子は2人乗りのカヤックで後ろにはインストラクターさんが乗ってくだったので、

長く漕ぎつづけるのに自身がなくても、途中疲れてしまっても安心!

インストラクターさんから丁寧にワンツーマンレッスンを受けて、自信をつけたようでした。

最終的にはとっても楽しかったようで「来年も乗りたい!」とはしゃいでいました。

 

さて、今年はというと...朝からパラパラと雨が降っていて

シーカヤックに乗れる「箕形(みかた)」についたころには土砂降りの大雨!

「もうこれは中止にするしかないかもしれんね~」とカヤック小屋から外を眺めること、

 

10分...

 

 

20分...

 

 

「あら、小ぶりになってきたね。いってみようか!」

 

なんとかGOサインが出て、甥っ子念願のシーカヤックに今年も乗ることができました。

小雨が降っていたので

カッパとスプレースカート(カヤックの中に雨が入らないようにするカバー)を

貸していただき、出発!

 

目指すは浅茅湾内の無人島!

無人島に着くまでの間も、浅茅湾特有の入り組んだ湾岸や美しい緑の山々を楽しめます。

 

海上に吹くやさしい汐風もこの日は最高に気持ちよかった!

 

そして周囲をよーく見ていると...

あっちの岸にシカが!

木の枝から鳥が飛び立った!あ、ミサゴや!

ん?あの空中でケンカしよるのもミサゴ…?

といった具合にシカ1頭、ミサゴ3羽、カラス2羽、トビ複数...を見ることができました。

シーカヤックに乗っていると決定的瞬間に写真は撮れないのが残念。

無人島に到着するとシュノーケルマスクを貸してもらい、シュノーケリングも!

インストラクターさん曰く、この日魚は少なかったようですが

クサビ(キュウセン)、クロ(メジナ)、イシモチ、ソラスズメダイが見れました。

 

あと正式な種はわかりませんがイシサンゴ目らしきサンゴも見ることができました!

今回お世話になったのは、「対馬エコツアー」さんでした。

夏じゃなくてもシーカヤックには乗れるので、

対馬にお越しの際は是非体験してみてください!^^

 

また9月15日(日)にはシーカヤックフェスタ2019も開催されます!

今年は城山(じょうやま)のトレッキングもあり、対馬の魅力を満喫できるコースのようです。

こちらも是非ご参加ください♪

 

2019年

8月

16日

アブラゼミ

台風10号が過ぎ去って、今日は対馬も暑くなりました。

 

さて、今日ご紹介するのは日本の夏のセミ代表「アブラゼミ」!

この声を聞くといくつになっても何だかワクワクしてくるのは、私の脳内で

“アブラゼミの声”が“夏休み”を連想させているせいかもしれません。

みなさんはそんな経験ありませんか?

 

アブラゼミは前にのせた小さなニイニイゼミとは違って

大きな体、茶色い翅、大音量の鳴き声(ジージジジジジ...)が特徴です。

多くのセミは翅が透明なので、透けていない茶色の翅が一番の特徴と言えるでしょう。

黒っぽい体もかっこいいですね!

 

8月も折り返し地点です。

 

まだまだ暑い日が続きそうですが、熱中症に気を付けてセミ探しを楽しみます♪

 

アブラゼミ

学名 Graptopsaltria nigrofuscata

英名 Large Brown Cicada

2019年

8月

06日

夏休みの締めくくりはハツカネズミと

先日、夏休みを利用して東京に行ってきたのですが、東京は暑いですね...

対馬とは違った暑さと人の多さに圧倒されました(^^;)

前に友人が、

東京は毎日アリラン祭り(現在のみなと祭り)みたいに人がいるんだよ。

と言っていたのを思い出します。

 

そのお祭りでもなんでもない東京旅行の帰り道、私に課せられたミッションが1つ。

「ヤマネコの餌用のハツカネズミを東京で買い、無事に対馬まで連れて帰る」

というミッションです。

羽田空港は時々利用しますが、「貨物」を預けるのは生まれて初めての経験!

空港敷地内の巡回バスに乗ってANAカーゴに行ったり。

慣れないことで少し戸惑うこともあり、

途中で酸欠にならないか、脱水にならないか、熱死してしまわないか...

心配ばかりの帰り道でしたが、なんとか無事に!

対馬まで40匹のハツカネズミを連れて帰ってくることができました。

任務完了!

 

普段ではなかなかできない体験でした。

そしてヤマネコのエンリッチのために一役買えてよかった、よかった。

2019年

7月

24日

「にゃんぱく宣言」ご存知ですか?

通勤時間は流行りの音楽よりもラジオにはまっている有川です。

先日ラジオから面白い歌(CM)が流れてきたのでご紹介します。

 

その名も「にゃんぱく宣言」!

にゃんぱく...ってなに?ってなりますよね。

それでは「関白宣言」!こちらはご存知ないですか?

長崎を代表するシンガーソングライター、さだまさしさんが紅白デビューした有名な曲です。

 

もうお察しの方もいると思います。

「関白宣言」をもじって「にゃんぱく宣言」という曲ができたのだそうです。

まずは下記URL(ACジャパンHP)から「にゃんぱく宣言」をお聞き(ご覧)ください^^

https://www.ad-c.or.jp/campaign/support/support_08.html

 

最後の「忘れてくれるな~」のあとの歌詞はぐっときますね。

ペットの適正飼育が広がって、幸せなペットが増えますように...☆彡

 

2019年

7月

12日

ニイニイゼミ

7月もあっという間に半ば。

気がつけばもうすぐ夏休みですね!
今朝は夏らしい生き物を発見しました。
声は前から聞いていましたが、姿を見たのは今年初めて。
そう、夏といえばセミですよね!実は私、セミが大好きなんです!
この写真のセミは「ニイニイゼミ」というセミで、
6月のうちから地上に出て鳴き始める小さな種類です。
木の幹にとまっているのではなく、地面に落ちていましたが
写真を撮ると山の方に飛び立っていきました。
外側の翅(前翅)にはまだら模様が入っていて、内側(後翅)は黒に透明の縁取り。
背中の真ん中にはオレンジっぽい Wの文字が見えるのも特徴です。
全体的に白い粉がふりかかったようにも見えますよね。
そしてニイニイゼミは抜け殻も小さくて丸っこく、全身に泥をまとっています。
湿気の多い土の中を好むようなので、泥んこ姿で出てくるのでしょうね。

 

かわいいですね。
今年は何種類見つけて写真に撮れるか楽しみです^^

2019年

6月

12日

地元中学校で「生き方講座」

今日は私の地元中学校にお招きいただき、

総合学習の授業で私自身の進学経験や今の仕事についてお話させてもらいました。

 

子どもの頃は知識もなく動物を飼ってしまったこと。

もともとは獣医を目指していたこと。

動物看護師に転換した理由と諦められなかった夢。

地元だからこそツシマヤマネコを守りたい思い。

 

そして私の経験上、中学生の時は知り得なかった「ペットの適正飼養」についても話させてもらいました。

 

「適正飼養」、つまり「正しく飼う」とはどういうことか。

正しく飼おうとするとどのくらいお金がかかるのか。

どうして正しく飼わないといけないのか。

 

後半は少し難しい話になってしまいましたが、12人の生徒さんはとても真剣に話を聞いてくれました。

最後には1人ずつ質問や感想、初めて知ったことを発表してくれ、

彼らが知らなかったことを1つでも学べる機会にできたようで嬉しく思います。

2019年

6月

07日

アカガシラサギ

じめじめと湿気の多い季節になりました。

対馬はまだ梅雨入りしていませんがあじさいは色づいています。
6月16日(日)は上県町佐護の湊浜シーランドステージにてあじさい祭も開催されます。
みなさん、是非お越しください(^^*
さて、昨日から今日にかけては久々の雨。しかも大雨。
そんな朝の通勤中、いつもよく見かけるアオサギとは何だか違うサギに出会いました!
これは何サギ?そうだ!写真、写真....
といっても、手元にはスマホのみ...
ゆっくり車を近くに停めて、車内からパシャリ。
そして窓を開けてもう一枚....と思ったら案の定、窓の開く音で飛び立ってしまいました。
雨のせいか羽根は濡れていましたが、アカガシラサギでした!
そして実はカラスとの2ショット!(何カラス?)
 
それにしても画質がいまいちですね。
普段カメラを持ち歩かないせいか、カメラを持てば出会えず
カメラを持たなければ出会える、な焦れったい今日この頃です。
佐護の田んぼではアマサギも見かけました。
今年はヘラサギを見たいなぁと思ってます。

2019年

5月

10日

おっと!あぶない!!

昨年秋にドライブレコーダーを搭載した有川です。

ようやく先日、運転中にツシマヤマネコに遭遇しました!

 

仕事帰り、夜だったのでハイビームにして運転していました。

ヤマネコ以外にもシカやツシマテンも多い道なので

眼が光らないかよーく周囲を見渡しながら運転するようにしています。

でも、この日のヤマネコはこっち(車の方)を見ていませんでした。

つまり眼が光らないんです!

 

「あ、道路脇になにかいる!」

 

そう気づいてブレーキを踏んでも、すぐに停車はできず

車が完全に止まったのはヤマネコのいた場所より数m先でした。

幸いそのヤマネコは道路の方には出てこずに、山の方へ登って行ってくれたので衝突せずにすみました。

でももし、道路の方に飛び出して来ていたら......

轢いてしまっていたと思います。

 

道路脇にいる動物は車の音に反応して車の方を見るだろう。

だから夜は光る眼に気を付けていたら大丈夫!

 

そんな「だろう運転」を無意識のうちにしていたことに気づかされました。

 

眼は光っていなくても、突然道路に飛び出してくるかもしれない!

(ライトの当たらない茂みに隠れている可能性も!)

 

「だろう運転」から「かもしれない運転」に切り替えてこれからも安全運転に努めます。

 

 

車道外側線の左側にいるのがヤマネコです。

■2018

■2017

2017年

12月

29日

良いお年を☆

続きを読む

2017年

11月

21日

紅葉狩り

続きを読む

2017年

8月

31日

夜間パトロール

続きを読む

■2016